お知らせ

海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」

海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」

チェンジ フォー ザ ブルー」

海洋ごみの問題が深刻化する中、今年は新たに、その対策などを考える取り組み、「チェンジ フォー ザ ブルー」を進めています。
日本財団と環境省は、ことし、海洋ごみ対策に積極的に取り組む、団体や企業などを表彰する、「海ごみゼロアワード」を創設。優れた活動を国の内外に発信します。

鹿児島市の環境アート団体「色響」

きょうは、プラスチックごみを使ったアート作品などで、海洋ごみの対策を呼びかける鹿児島市の団体を紹介します。

海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」

子どもたちが貼り付けているのは様々なプラスチックです。
家庭から出たごみ。そして、小さなかけらは海を漂い、海岸に打ち上げられていた、ごみです。

鹿児島市の環境アート団体「色響」は小学生から大人までおよそ20人で活動しています。

海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」

代表の芳田聡子さんはピアニスト。7年前に色響を立ち上げました。
(色響 芳田聡子 代表)「色響は音楽やアートで、みなさんに少しでもプラスチックごみを減らしていける、きっかけづくりができたらなと思います」

色響では、海岸のごみや、流木などの漂着物でアート作品をつくったり、楽器をつくって演奏したりして、海洋ごみや、環境問題と向き合い、未来のことを考えています。

海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」

去年の夏にはいちき串木野市の照島海岸でごみ拾いをしました。日本だけでなく、外国からも流れ着いたごみ。
子どもたちは、その量の多さや、カラフルなプラスチックが多いことにびっくりしたといいます。

「数え切れないくらい海岸に打ちあがっていて。魚が絶滅しちゃうんじゃないかって、とても危機感を感じました」

みんなで、海洋ごみについて調べた、子どもたち。壁新聞にまとめて発表しました。

「マイクロプラスチックについて、みんなで学びました。「このままでは海の生き物、さらには人間に影響が及びます」

「海にいくと、いっぱいごみが落ちていました。このままでは地球が危ないと思いました」

カラフルなプラスチックでアート作品をつくる色響の子どもたち。

一見華やかな作品の背後にある、環境問題について、思いをはせてほしいと願っています。
「緑のあふれた美しい自然を見て、ごみを減らしていけたらいいなと思って作りました」

海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」

(芳田聡子代表)「海外から流れついたものが多かったので、やっぱり海で世界はつながってるんだなと思いました。こんなにカラフルなものが、ごみとして、いろんなところから流れてきているということを、まず、知ってもらえるきっかけになれたらなと思います」

  • 「海ごみゼロアワード!鹿児島市の環境アート団体「色響」」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kagoshima.uminohi.jp/widget/article/?p=2378" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kagoshima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 鹿児島</a></iframe><script src="https://kagoshima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. MBC夏まつりで、楽器や封筒コラージュバッグを作ろう!
  2. 「クイーンズしろやま」に乗船しての神瀬灯台砂浜の清掃活動参加者募集!
  3. 鹿児島海上保安部「海の安全推進サポーター」
  4. 海洋ごみ対策の取り組みを大募集! 海ごみゼロ アワード 2019
  5. 2019年3月のマリンポートかごしまへの寄港船情報
  6. 2019年2月の吹上浜海公園イベント情報

Pickup

  1. 「われはうみの子探検隊~2日目~」指宿市の知林ヶ島へ行こう!
    「われはうみの子探検隊~2日目~」指宿市の知林ヶ島へ行こ…

    「われはうみの子探検隊」2日目:指宿市の知林ヶ島&鹿児島市・かごしま環境未来館日本財団が主体…

  2. 「われはうみの子探検隊~1日目~」
    「われはうみの子探検隊~1日目~」桜島のビーチでカヤック…

    「われはうみの子探検隊」1日目:鹿児島市・桜島日本財団が主体となっている海と日本プロジェクト…

  3. 吹上浜で砂漠マラソンを疑似体験
    吹上浜で砂漠マラソンを疑似体験

    「砂漠疑似体験マラソンin吹上浜」MBCニュース砂漠を走るマラソンを疑似体験するイベ…

  4. 姶良市で“厄介もの”エイを「海のジビエ」に!
    姶良市で“厄介もの”エイを「海のジビエ」に!

    姶良市で“厄介もの”エイを「海のジビエ」に!MBCニュース鹿児島湾でこの時期、大量に…

  5. 垂水市、小学生がマダイ稚魚を放流
    「いってらっしゃい」垂水市、小学生がマダイ稚魚放流

    「いってらっしゃい」垂水市、小学生がマダイ稚魚放流MBCテレビ「かごしま4」8/19放送…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
海と日本PROJECT in 鹿児島
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kagoshima.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kagoshima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 鹿児島</a></iframe><script src="https://kagoshima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP