レポート
2020.07.01

種子島と霧島市で海水浴場オープン

鹿児島県の種子島と霧島市で1日、海水浴場がオープンしました。

1

南種子町の浜田海水浴場では、海開きが行われました。神事で海の安全を祈願した後、近くの平山小学校の児童15人が早速、海に入りました。
種子島では、中種子町の熊野海水浴場も海開きしました。

2

3

また、霧島市国分下井の国分キャンプ海水浴場では、平日とあって泳ぐ人はいませんでしたが、監視員が砂浜に打ち上げられたゴミを拾い集めていました。

5

6

7

海水浴場に併設するキャンプ場のバンガローは、今月23日からの4連休は予約でいっぱいになっているということです。

8

一方で新型コロナウイルスの影響で、鹿児島市は今年の夏、磯海水浴場、生見海水浴場、西道海水浴場、レインボービーチの4か所の海水浴場を開設しないとしています。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

南さつま焼酎「シーグラス」
レポート
2024.03.01

南さつま焼酎「シーグラス」

「谷山鯛らーめん」の海プロコラボオリジナル箸袋
レポート
2024.02.27

「谷山鯛らーめん」の海プロコラボオリジナル箸袋

ページ内トップへ