レポート

CHANGE FOR THE BLUE~日本財団「海洋ごみ問題対策」を発表

CHANGE FOR THE BLUE~日本財団「海洋ごみ問題対策」を発表

「CHANGE FOR THE BLUE」海洋ごみ対策

MBCでは、ふるさとの海を知り、未来へ残す「海と日本プロジェクト」に取り組んでいます

このプロジェクトを推進する日本財団は、世界で課題となる海洋ごみ問題について、来年度から新たな取り組みを始めると発表しました。
日本財団は、このほど東京で会見を開き、来年度の新たなプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」を発表しました。

このプロジェクトは、この数十年で増え続けている海洋ごみに対する取り組みです。海洋ごみの大半はプラスチックで、近年、サイズが5ミリ以下のマイクロプラスチックが生態系に及ぼす影響が懸念されています。また、2050年までに海に存在するプラスチックの量が、重量ベースで魚の量を超えるとの予測もあります。

日本財団は、企業や地方自治体などと連携し、海洋ごみ対策のための様々なモデルを作り、国内外へ発信していくとしています。日本財団によりますと、プロジェクトでは6つの活動が計画されていて、事業規模は3年で50億円の予定です。

関連リンク

  1. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
  2. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
  3. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
  4. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
  5. 洋式灯台150年~指宿市の灯台でイベント
  6. 12月に水遊び!?季節はずれの暖かさ!大和村

Pickup

  1. エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイビング!
    エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイ…

    2018年12月6日MBCテレビ「かごしま4」エフエムたつごうから「見てみよう!わきゃ海」…

  2. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”

    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”大型クルーズ船が寄港する鹿児島市のマリンポ…

  3. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
    鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!

    シラスウナギ漁解禁ウナギの稚魚、シラスウナギの鹿児島県内での今シーズンの漁が10日夜、解…

  4. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
    鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低

    ウミガメの上陸・産卵回数が過去15年間で最低を記録今シーズン鹿児島県内で確認されたウミガ…

  5. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
    「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授…

    鹿大水産学部 西教授講演会海岸の保全などに関する功績を国から認められた、鹿児島大学水産学部の…

PAGE TOP