レポート

おばあちゃんから聞いた塩作りは「100年後の鹿児島」にしきの塩誕生!

おばあちゃんから聞いた塩作りは「100年後の鹿児島」!?にしきの塩誕生!

海生まれ、山そだち「錦江湾にしきの塩」

おばあちゃんから聞いた塩作りは100年後の鹿児島

錦江湾の恵を使ってあるモノとは?

薩摩半島と大隅半島に挟まれている錦江湾。この錦江湾の海水を使って作られた商品があります。
その名も「海生まれ、山そだち・錦江湾 にしきの塩」
名前には錦江湾の「錦」とふるさとに錦を飾りたいという思いが込められています。

おばあちゃんから聞いた塩作りは「100年後の鹿児島」!?にしきの塩誕生!

商品の開発者である黒江学さん。
3年ほど前から姶良市の山奥の自宅を改装した工房で塩作りを行っています。

黒江さん「おばあちゃんが奄美大島で塩作りをしていた話をお母さんから聞いていて、塩作りを始めたきっかけです。どこの海水を使おうかと思った時に、やはり自分が生まれ育った鹿児島、錦江湾。地元を大切にしたいという思いから錦江湾の海水を選びました。」

おばあちゃんから聞いた塩作りは「100年後の鹿児島」!?にしきの塩誕生!

塩作りは錦江湾の海水を汲み取ることから始まります。1回で汲み上げる量はおよそ1000リットル。この海水を直径約1メートルの鉄鍋で4日間ほどかけてじっくり煮詰めます。
この時に出てくる不純物を取り除く作業が重要だと黒江さんは話します。

黒江さん「完成したときの塩の食感というか味ですね。仕上がりが変わってくるので気を使う作業ですね。」

その後、ろ過を繰り返すことでできるのがおよそ30キロの塩。食材のもつ本来の旨味・甘味を引き出すのが特徴で、加工や添加物を一切加えていない天然の塩。
また、こんな活動もしています。

おばあちゃんから聞いた塩作りは「100年後の鹿児島」!?にしきの塩誕生!

黒江さん「塩作りをしていく中で、伝えていかなければいけないというそういう思いがあって、小学校や学童、地域の子供会などで、塩作りの話やおにぎりを作るワークショップをしたりとか、それを子どもたちと一緒にいろいろ語りながらさせてもらっています。」

塩作りを通して未来を見据える黒江さん。
「100年後の鹿児島」を自身のコンセプトにかかげています。

黒江さん「何か起業をするとか何かする時、近い目標をたてると思うんですけど、自分が100年後の鹿児島としたのは、やっぱり錦江湾というのは生まれ育った大切な海なので、塩作りを通して錦江湾が豊かになっていけば、みんなも平和になっていくし、これからもいろんな問題が無くなっていくと思って、あと錦江湾に教えられたことがいっぱいありましたので、恩返しもしたいなと思います」

関連リンク

  1. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
  2. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
  3. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
  4. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
  5. 洋式灯台150年~指宿市の灯台でイベント
  6. CHANGE FOR THE BLUE~日本財団「海洋ごみ問題対策」を発表

Pickup

  1. エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイビング!
    エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイ…

    2018年12月6日MBCテレビ「かごしま4」エフエムたつごうから「見てみよう!わきゃ海」…

  2. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”

    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”大型クルーズ船が寄港する鹿児島市のマリンポ…

  3. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
    鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!

    シラスウナギ漁解禁ウナギの稚魚、シラスウナギの鹿児島県内での今シーズンの漁が10日夜、解…

  4. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
    鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低

    ウミガメの上陸・産卵回数が過去15年間で最低を記録今シーズン鹿児島県内で確認されたウミガ…

  5. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
    「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授…

    鹿大水産学部 西教授講演会海岸の保全などに関する功績を国から認められた、鹿児島大学水産学部の…

PAGE TOP