レポート

錦江湾で初?指宿市沖で取れた大型魚「タマカイ」とは!

錦江湾で初?指宿市沖で取れた大型魚「タマカイ」とは!

錦江湾で初?指宿市沖で取れた大型魚とは!

11月28日朝、鹿児島県の指宿市沖で珍しい魚が取れました。錦江湾では初めてではないか、とも言われる大型の魚を取材しました。

28日朝、鹿児島市の中央卸売市場魚類市場に水揚げされたのは、高級魚として知られるハタの仲間「タマカイ」です。沖縄より南の海などに多く生息する魚ですが、28日朝、指宿市の知林ヶ島沖の定置網にかかっていたということです。
魚類市場で確認した鹿児島大学の大富潤教授は、錦江湾でタマカイがとれたのは初めてではないかと話します。

◆MBCラジオ『えっちゃんのたんぽぽ倶楽部』ととナビでおなじみ、鹿児島大学水産学部 大富潤教授にお話を伺いました

「日本よりももっと南の国にいるハタで、日本だと一応、和歌山県よりも南にいるとはされている。水揚げされることはめったになくて、しかもこれが錦江湾の中でとれたということで、珍しい」

タマカイは、全長3メートルほどにまで成長する、ハタの仲間では最大の魚です。
かごしま水族館でも、展示されています。その大きな体は水槽の中で存在感を放っています。

今回、指宿市沖で取れたタマカイは全長165センチ、重さ95キロの大きさ。鹿児島市の仲卸会社がおよそ20万円で競り落としました。

◆田中水産 田中積社長

「約40年以上市場で働いているが、錦江湾でとれたタマカイというのは初めて。どうしても自分で買い落とさなきゃと思ってがんばった。非常においしいと思う、みなさんに喜んで食べていただけると思います」

競り落とされたタマカイは、県内に5店舗ある回転寿司店「めっけもん」で30日から、2貫432円で提供されるということです。
南の海にいるタマカイが、どうして錦江湾にいたのか、理由はわかっていません。

関連リンク

  1. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
  2. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
  3. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
  4. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
  5. 洋式灯台150年~指宿市の灯台でイベント
  6. CHANGE FOR THE BLUE~日本財団「海洋ごみ問題対策」を発表

Pickup

  1. エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイビング!
    エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイ…

    2018年12月6日MBCテレビ「かごしま4」エフエムたつごうから「見てみよう!わきゃ海」…

  2. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”

    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”大型クルーズ船が寄港する鹿児島市のマリンポ…

  3. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
    鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!

    シラスウナギ漁解禁ウナギの稚魚、シラスウナギの鹿児島県内での今シーズンの漁が10日夜、解…

  4. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
    鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低

    ウミガメの上陸・産卵回数が過去15年間で最低を記録今シーズン鹿児島県内で確認されたウミガ…

  5. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
    「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授…

    鹿大水産学部 西教授講演会海岸の保全などに関する功績を国から認められた、鹿児島大学水産学部の…

PAGE TOP