レポート

錦江湾で初?指宿市沖で取れた大型魚「タマカイ」とは!

錦江湾で初?指宿市沖で取れた大型魚「タマカイ」とは!

錦江湾で初?指宿市沖で取れた大型魚とは!

11月28日朝、鹿児島県の指宿市沖で珍しい魚が取れました。錦江湾では初めてではないか、とも言われる大型の魚を取材しました。

28日朝、鹿児島市の中央卸売市場魚類市場に水揚げされたのは、高級魚として知られるハタの仲間「タマカイ」です。沖縄より南の海などに多く生息する魚ですが、28日朝、指宿市の知林ヶ島沖の定置網にかかっていたということです。
魚類市場で確認した鹿児島大学の大富潤教授は、錦江湾でタマカイがとれたのは初めてではないかと話します。

◆MBCラジオ『えっちゃんのたんぽぽ倶楽部』ととナビでおなじみ、鹿児島大学水産学部 大富潤教授にお話を伺いました

「日本よりももっと南の国にいるハタで、日本だと一応、和歌山県よりも南にいるとはされている。水揚げされることはめったになくて、しかもこれが錦江湾の中でとれたということで、珍しい」

タマカイは、全長3メートルほどにまで成長する、ハタの仲間では最大の魚です。
かごしま水族館でも、展示されています。その大きな体は水槽の中で存在感を放っています。

今回、指宿市沖で取れたタマカイは全長165センチ、重さ95キロの大きさ。鹿児島市の仲卸会社がおよそ20万円で競り落としました。

◆田中水産 田中積社長

「約40年以上市場で働いているが、錦江湾でとれたタマカイというのは初めて。どうしても自分で買い落とさなきゃと思ってがんばった。非常においしいと思う、みなさんに喜んで食べていただけると思います」

競り落とされたタマカイは、県内に5店舗ある回転寿司店「めっけもん」で30日から、2貫432円で提供されるということです。
南の海にいるタマカイが、どうして錦江湾にいたのか、理由はわかっていません。

関連リンク

  1. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
  2. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
  3. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
  4. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
  5. 洋式灯台150年~指宿市の灯台でイベント
  6. CHANGE FOR THE BLUE~日本財団「海洋ごみ問題対策」を発表

Pickup

  1. 海洋ごみ対策の取り組みを大募集! 海ごみゼロ アワード 2019
    海洋ごみ対策の取り組みを大募集! 海ごみゼロ アワード …

    https://youtu.be/b4_IosJmfrU「海ゴミゼロアワード」とは?近年…

  2. 2019年3月のマリンポートかごしまへの寄港船情報
    2019年3月のマリンポートかごしまへの寄港船情報

    クルーズ船寄港船案内目の前に桜島と錦江湾。絶景スポットでもあるマリンポートかごしまには、様々な国…

  3. 「日本の美味しい養殖魚をたべよう!寿司の試食と抽選会」2/19(火)開催!
    「日本の美味しい養殖魚をたべよう!寿司の試食と抽選会」2…

    第44回全国海水養殖シンポジウム開催記念日本の美味しい養殖魚を食べよう!『寿司と試食と抽選会』…

  4. 「見たい!知りたい!鹿児島の海ガメ」2/19(火)開催
    「見たい!知りたい!鹿児島の海ガメ」2/19(火)開催

    2019年2月4日MBCテレビ「かごしま4」『見たい!知りたい!鹿児島のウミガメ』写真展…

  5. 2019年2月の吹上浜海公園イベント情報
    2019年2月の吹上浜海浜公園イベント情報

    第3回野鳥観察会園内をガイドと一緒に散策して野鳥観察! 日時 …

 
PAGE TOP