レポート

錦江湾で新種の深海エビ「サツマテッポウエビ」発見!

錦江湾で新種の深海エビ「サツマテッポウエビ」発見!

新種の深海エビ「サツマテッポウエビ」発見!

鹿児島大学水産学部と千葉県立中央博物館の共同研究

錦江湾の深海でエビの一種・テッポウエビの新種が見つかっていたことがわかりました。

この新種のエビは、鹿児島大学水産学部の大富潤教授と千葉県立中央博物館の共同研究で確認されたものです。
明治維新150年にちなんで、「サツマテッポウエビ」と名づけられました。体長はおよそ4センチで、近い種とは、はさみの長さなどが異なるということです。

大富教授によりますと「サツマテッポウエビ」は、錦江湾で毎月実施している底引き網の調査で2003年以降たびたび採取され、これまで見たことのないエビだったため、千葉県立中央博物館と共同で調べたところ、新種とわかったということです。6月14日付けで、ニュージーランドの動物分類学の専門誌「Zootaxa」に論文が発表されました。

「サツマテッポウエビ」は錦江湾の中央部、水深220メートルあまりの深海に生息しているとみられています。

錦江湾の深海にはまだ未知なる世界が広がっている

大富教授は新種のエビが錦江湾で見つかったことについて、「鹿児島市街地の目の前にある錦江湾の深海にはまだ未知なる世界が広がっているのが魅力」と話しています。大富教授の研究室では、今年度からこのサツマテッポウエビの生態調査を始めているということです。

関連リンク

  1. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
  2. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
  3. 鹿児島県内のウミガメ上陸・産卵 過去15年間で最低
  4. 「海岸を護る、人を守る、環境を守る」鹿大水産学部、西教授講演会
  5. 洋式灯台150年~指宿市の灯台でイベント
  6. CHANGE FOR THE BLUE~日本財団「海洋ごみ問題対策」を発表

Pickup

  1. 2019年2月の吹上浜海公園イベント情報
    2019年2月の吹上浜海浜公園イベント情報

    第3回野鳥観察会園内をガイドと一緒に散策して野鳥観察! 日時 …

  2. s-ae2b141a292bfdcd9293c2d32eea40ea_m
    2019年2月のマリンポートかごしまへの寄港船情報

    クルーズ船寄港船案内目の前に桜島と錦江湾。絶景スポットでもあるマリンポートかごしまには、様々な国…

  3. エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイビング!
    エフエムたつごう「見てみよう!わきゃ海」子どもたちとダイ…

    2018年12月6日MBCテレビ「かごしま4」エフエムたつごうから「見てみよう!わきゃ海」…

  4. 鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”
    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”

    鹿児島県、クルーズ船対策“高速船で観光客移動”大型クルーズ船が寄港する鹿児島市のマリンポ…

  5. 鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!
    鹿児島県、シラスウナギ漁解禁!

    シラスウナギ漁解禁ウナギの稚魚、シラスウナギの鹿児島県内での今シーズンの漁が10日夜、解…

PAGE TOP