レポート
2018.05.09

喜界島で保護、“釣り針”が引っかかったウミガメ。

喜界島で保護、“釣り針”が引っかかったウミガメ。

5月2日MBCニュース「喜界島・ウミガメを保護」

喜界島・ウミガメを保護

喜界島の港で、釣り針が引っかかったまま泳いでいるウミガメを住民が見つけ、5月1日、漁協の職員や獣医師などが保護しました。
ウミガメは発見当時、弱っていたということですが、手当てを受け、現在は喜界島サンゴ礁科学研究所のプールで快方に向かっているということです。ウミガメは状態が完全に回復したら放流される予定です。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

南さつま焼酎「シーグラス」
レポート
2024.03.01

南さつま焼酎「シーグラス」

「谷山鯛らーめん」の海プロコラボオリジナル箸袋
レポート
2024.02.27

「谷山鯛らーめん」の海プロコラボオリジナル箸袋

ページ内トップへ